香月幸太郎署長(左)から委嘱状を受け取る地域交通安全活動推進委員のメンバー=神埼署

 神埼署は4月27日、地域の交通安全のリーダーとして期待が掛かる「地域交通安全活動推進委員」に委嘱状を交付した。同委員は民間ボランティアで、子どもや高齢者への交通安全講話や地域住民への啓発活動などを行い、マナー向上に一役買う。

 同署管内の委員は7人。今回委嘱を受けたのは、平國昭さん=神埼市=と筒井佐千生さん=吉野ヶ里町、城島訓浩さん=同町=でいずれも再任。地域における交通事故の撲滅や交通渋滞の防止などのために講話や街頭指導などを実施する。

 交付式で香月幸太郎署長が「県内のワーストを脱却するためにも非常に重要な役割。健康に留意して活動に励んでほしい」とあいさつ。平さんは「交通事故を一つでも減らしたい。そのために地域と密着して活動していく」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加