爆発があった九州製鋼佐賀工場=武雄市山内町

 29日午後11時5分ごろ、武雄市山内町鳥海の九州製鋼佐賀工場から「男性が作業中に全身にやけどを負い、心肺停止している」と119番があった。工場内の一角が爆発したとみられ、全身やけどを負った男性作業員(28)=佐賀市=が搬送先の病院で、約40分後に死亡が確認された。作業員を救出しようとした男性作業長(45)=多久市=も右半身をやけどする重傷を負った。

 武雄署や佐賀工場によると、工場1階の電気炉で鉄くずを溶かす作業中、炉内に酸素を送る高圧ホースを乗せた台車が動かなくなるトラブルが起きた。ホースの巻き取り機がある地下の機械室からは、煙が漏れていた。作業員が確認のため降りると、午後11時ごろに室内が爆発し、救出のため後から入った作業長もやけどを負ったという。

 工場内は当時、2人のほか十数人が作業していた。警察と消防で原因などを調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加