今年も有田の春の風物詩、陶器市の季節がやってきた。115回目。明治29(1896)年に始まった「陶磁器品評会」に訪れる来町者に向け、後に蔵ざらえの大売り出しを始めたことが端緒である。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加