みんなの公園の整備を予定しているイオン江北店の近くの敷地=江北町

「みんなの公園」整備へ 江北町

 一般会計当初予算の総額は58億3400万円。前年度当初比21・59%増で過去最大となった。主な要因は、イオン江北店の近くに整備予定の「みんなの公園(仮称)」や新設する保育園などの整備の補助事業など。ふるさと納税の推進事業も後押しした。
 町民の交流スペースとしての役割が期待される「みんなの公園」は、本年度、1億2840万円を計上し、周辺整備を進める。民間保育園の増改築や、新設する江北ひかり保育園(仮称)の補助に3億7699万円。ふるさと納税の推進事業は6億310万円を組んだ。
 歳入は、町税が9億5181万円、地方交付税は15億4千万円。

 ◇主な事業◇みんなの公園整備事業=1億2840万円▽保育所等整備補助事業=3億7699万円▽ふるさと納税推進事業=6億310万円

道の駅「しろいし」整備 白石町

 一般会計当初予算の総額は139億8800万円で、前年同期比0・7%増。本年度中に開業を目指している道の駅「しろいし」の建設事業費などが押し上げ、過去最大となった。
 主な事業は、道の駅「しろいし」の施設整備事業に10億7344万円、新規就農者のスキルアップを支援し、町内の定住につなげるトレーニングファーム整備推進事業費に1億1185万円。6次産業化に取り組む農家などを助成する事業に300万円。また、ふるさと納税制度を活用した「ふるさと応援事業」には5億9955万円を組んだ。
 歳入は、町税が前年同期比0・1%減の21億4148万円など。寄付金は、ふるさと納税を含み3億5120万円。
 ◇主な事業◇道の駅施設整備事業10億7344万円▽ふるさと応援事業費=5億9955万円▽トレーニングファーム整備推進事業=1億1185万円

妊婦にタクシー券助成 大町町

 一般会計当初予算の総額は39億1300万円。ふるさと納税の収入見込みが増えたことなどで、前年当初比17・7%増となった。
 産前産後の移動を支援しようと、妊婦にタクシー券を助成する事業を始める。1年間使える1万円分(500円券20枚つづり)の券を、母子手帳交付時に渡す。大町観光タクシーと町外の系列会社でも利用できるため、周辺市町の通院などにも使える。予算は50万円。
 小1プロブレムなど学校現場の諸問題への対応を強化するため、町立小中一貫校のひじり学園に支援員2人を配置する費用に256万円を予算化。町道浦川内線の改良舗装にも着手し、調査測量設計委託費2千万円と拡張用地購入費500万円を組んだ。

 ◇主な事業◇妊婦へのタクシー券助成=50万円▽ひじり学園への支援員2人配置=256万円▽町道浦川内線改良舗装の調査測量設計委託費=2000万円

このエントリーをはてなブックマークに追加