JAバンク佐賀が取り扱う収穫体験積金の契約者は、6つの観光農園でイチゴ狩りなどが割引価格で楽しめる=鳥栖市の鳥栖ベリーフォレスト

 JAバンク佐賀は4月から、県内6カ所の観光農園と提携し、割引価格で収穫体験ができる定期積金「もぎたて」の取り扱いを始めた。農業と地域、利用者をつなぐJAならではの商品として、子育て中の若い世代へのPRに力を入れる。

 利用できる施設は、鳥栖ベリーフォレスト(鳥栖市)、道の駅伊万里ふるさと村(伊万里市)、横田上観光ぶどう園(唐津市浜玉町)、井手野観光栗園(佐賀市三瀬村)、西山田農園(佐賀市大和町)、はりも果樹園(藤津郡太良町)。

 クーポンを提示すれば、入園料や果物の持ち帰り料金、園内の食事などで割引が受けられる。果物の旬に合わせて開園期間は違うが、年間を通していずれかの施設で体験を楽しめる。契約日から2年間は何度でもクーポンを発行する。

 超低金利時代に合わせた新たな顧客サービスの形として提案する。JAバンク佐賀の担当者は「農業体験をしてお客様に喜んでいただき、観光農園の売り上げにもつながるウィンウィンの関係になれば」と話す。

 積金の契約金額は20万円以上で、契約期間は2年以上。店頭表示金利の2倍に金利を上乗せする。問い合わせはJA佐賀信連、電話0952(25)5151へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加