攻撃のキーマンとして活躍が期待されるFW小野=25日の川崎戦

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第11節の29日午後4時から、大阪府のパナソニックスタジアム吹田でガンバ大阪と対戦する。J1参戦後、初の5連敗を喫し、16位に沈んでいる鳥栖。チーム一丸で連敗を阻止し、上位浮上のきっかけをつかみたい。

 鳥栖は通算成績2勝2分け6敗(勝ち点8)。前節・川崎戦は後半に連続失点し、0-2で完封負けした。ここ3試合ゴールがないが、フィッカデンティ監督は「ノーチャンスで負けているわけではない」と振り返り、「自分たちを見失わないように取り組んでいかないといけない」と前を向く。

 G大阪は2勝1分け7敗(勝ち点7)の17位。前節は湘南に0-1で敗れた。鳥栖と同じく勝てずに苦しんでいるが、FW黄義助(ファン・ウィジョ)がリーグ3位タイの6得点を挙げるなど力のある選手が多く、FW小野は「まずは自分たちが100%の力を出せるようにしたい」と話す。

イバルボ、屋外練習再開

 コンディション不良でここ4試合欠場しているFWイバルボは、約2週間半ぶりに屋外練習を再開している。

 絶対に負けられない一戦で、「気持ちで上回った方が勝つ」とMF福田。フィッカデンティ監督は「きれいなサッカーをするのではなく、覚悟を持ってあらゆることをやらなければならない」と力を込める。

このエントリーをはてなブックマークに追加