出迎えた職員と握手を交わしながら初登庁する深浦弘信伊万里市長(中央)=市役所

 伊万里市長選で初当選した深浦弘信氏(62)=立花町=が27日、初登庁した。就任式で「人を大事にし、市民を笑顔にするために頑張りたい」と意気込んだ。

 深浦市長は午前8時、市役所で出迎えた職員と握手を交わした。駆け付けた約40人の支援者に「今日から市長として一生懸命、仕事をさせていただきたい」と述べ、3階の市長室に招いて見学してもらった。

 職員への訓示では「課題は現場にある。できるだけ市役所から離れて、パソコンから目を離して市民に寄り添ってほしい。幅広い声に耳を傾けてほしい。市民から質問があれば、優しく丁寧に説明してほしい」と求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加