手作りおもちゃにも挑戦した

 佐賀県神埼市教育委員会では、市内全小学校で、子どもたちに安心・安全な居場所をつくること、また、体験を通じて豊かな心を育むことを目的として、神埼市放課後子ども教室(ドリームパーク)を開催しています。

 平成29年度も、地域の皆さまのご協力のもと、遊ぶ・学ぶ・つくるをテーマに、料理、工作、国際理解といったさまざまなメニューを用意しました。保護者の方からは、「何事にも積極的になった」「家族の会話が増えた」など喜びの声が届いています。

 また、ドリームパークは、子どもたちが視野を広げるきっかけづくりとしての役割も果たしています。例えば、ドリームパークで、日本舞踊を経験した子どもたちが、自ら進んで町の文化祭に出演したり、剣道やバスケットボールに興味をもった子どもたちが、少年剣道やバスケットボールチームに入会しています。

 今後も、子どもたちの健やかな成長を願って、内容をさらに充実させていきたいと思います。(神埼市教育委員会社会教育課・濱崎美穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加