叩(たた)き技法を継承している武雄市武内町の金子窯で28日から2日間、「春の窯出し展」が開かれる。金子認さん(80)と長男の晃久(てるひさ)さん(54)が、食器や花入れなど約300点を並べる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加