「技法も大きさも多様な器が並び、角にこだわった花入れもある」と来場を呼びかける金子晃久さん=武雄市の金子窯

 叩(たた)き技法を継承している武雄市武内町の金子窯で28日から2日間、「春の窯出し展」が開かれる。金子認さん(80)と長男の晃久(てるひさ)さん(54)が、食器や花入れなど約300点を並べる。

 春と秋に開く恒例の窯出し展。今年は多様な器をそろえた。朝鮮唐津や粉引、鉄釉(てつゆう)とわら灰釉のかけ分けなど、大小さまざまな味わい深い器が並ぶ。茶わん、湯飲み、コーヒーカップなどの食器類もある。

 叩きの花器類は角にこだわった作品が並ぶ。コバルト釉やわら灰釉などを施し、シャープな仕上がりをみせている。

 「大きさも技法もさまざまで、気軽に使える器を用意した」と晃久さん。花器には小原流一級家元の百武志穂さん(同市朝日町)が花をいける。豚汁やおにぎりの振る舞いもある。問い合わせは同窯、電話0954(27)2307。

このエントリーをはてなブックマークに追加