認知症で行方不明になった高齢者を地域ぐるみで早期に発見して保護するため、佐賀市の北川副まちづくり協議会が25日、徘徊(はいかい)の恐れがある人の事前登録制度を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加