佐賀銀行干隈支店(福岡市)から現金5430万円が盗まれた事件を手助けしたとして、建造物侵入ほう助などの罪に問われた自営業の被告(45)=福岡市=は25日までに、懲役1年とした一審福岡地裁判決を不服として福岡高裁に控訴した。23日付。

 10日の一審判決によると、佐銀の元行員=窃盗罪などで実刑=らが共謀して2016年10月、干隈支店に侵入して現金を盗んだ際、被告が付近を見張り、状況を電話で報告して手助けした。

このエントリーをはてなブックマークに追加