「ポップなカップ・コップ展」などへの来場を呼び掛ける大串惣次郎会長(左から2番目)ら=有田町の県陶磁器工業協同組合

 伊万里・有田焼伝統工芸士会(大串惣次郎会長)は29日~5月5日に開かれる有田陶器市に合わせ、有田町外尾町の県陶磁器工業協同組合で作品展を開く。コーヒー碗(わん)やマグカップを集めた「ポップなカップ・コップ展」のほか、常設展に新作を並べる。

 「ポップなカップ・コップ展」は、伝統工芸士20人が約60点を出品。花やネコ、水玉など、さまざまな絵柄やデザインの作品が会場を彩る。作品のテーマを決めた展示会は初めてという。新作366点が並ぶ常設展とともに展示販売する。

 陶器市期間中はろくろと絵付けの実演を行うほか、会員が提供した10作品が当たる抽選もある(作品は後日発送)。大串会長は「伝統工芸士の技術に触れる機会になれば」と来場を呼び掛ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加