佐賀県警武雄署は25日、パトカーに車をぶつけたとして公務執行妨害の疑いで、佐賀県武雄市武雄町の容疑者(55)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は25日午前1時40分ごろ、嬉野市塩田町の塩田川堤防で、運転していた軽乗用車をパトカーに十数回ぶつけた疑い。認否について「言いたくない」と話しているという。

 武雄署によると、同日午前1時5分ごろ、武雄市内のガソリンスタンドの男性店員が「10分前に来店した男性が車の中で倒れている」と通報した。駆け付けた警察官が車内で容疑者が寝ているのを確認し、職務質問すると、車を走らせて逃走。パトカーと捜査車両の2台で追跡した。

 約18キロ先の堤防沿いの道に入り込んで行き止まりとなり、容疑者が車をバックしてパトカーの前部に何度もぶつけ、捜査車両にも衝突したという。飲酒や無免許などの違反はなく、動機を調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加