リボンをあしらったものやレース生地など、上品な日傘が人気だという=佐賀市の佐賀玉屋

 5月13日は母の日。毎年、贈り物選びに頭を悩ませる人も多いのでは。県内の商業施設では、定番のカーネーションのほか、多様化する消費者のニーズを取り込もうと、美容家電や婦人雑貨など幅広いアイテムをそろえ、商戦も本格化している。

 「高級感が出るレースの日傘が人気」と話すのは佐賀玉屋(佐賀市)で婦人雑貨を担当するフロアママネジャーの安武直美さん。実際に日傘を差してみると、上品なレースが華やかで、顔周りも明るく見せてくれる。値段も1~2万円前後と高級品だ。日よけの帽子も定番。たたんでバッグに入れることができ、洗濯機で洗える帽子が重宝されるという。

 玉屋南館2階のフラワーアクロスでは、植物標本「ハーバリウム」が2千円前後と手頃。「インテリアにも取り入れやすい」と好評だとか。

 ゆめタウン佐賀店(佐賀市)ではバッグやスカーフ、肌触りのよい日本製パジャマ、ホワイトデーで人気だったハーバリウムのバリエーションを拡充した。

 佐賀市のエディオン佐賀本店は、マッサージ関連の商品を勧める。円盤型の高周波治療器は、服の下に装着しても目立たず、仕事や家事の疲れを癒やしてくれる。ムダ毛の手入れをする美容家電もよく選ばれるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加