阿部香理さんのレシピが掲載された冊子「MyFood cookbook」=神埼市学校給食共同調理場

レシピが掲載された冊子を笑顔で手にする阿部香理さん=神埼市学校給食共同調理場

 神埼市学校給食共同調理場の献立が、2018年国際学校給食デー(3月15日)を記念して制作された冊子「My Food Cookbook」に掲載された。世界各国の応募の中から選出しており、日本の給食レシピが選ばれたのは初めて。献立を考えた西郷小栄養教諭の阿部香理さんは「まさかこんな冊子に載ると思ってなかった。うれしい報告を受けて、驚いてる」と喜んでいる。

 国際学校給食デーは、スコットランド政府が主導する「チルドレン・イン・スコットランド」が主催するイベント。世界各地で実施されている学校給食の情報を共有し、子どもたちの食を取り巻く環境などを高めることを目的に制定され、今年で6年目になる。

 掲載されたのは、そうめんを衣にした「ぶた肉のかわりフライ」。昨年12月の「第12回全国学校給食甲子園」で子ども審査員特別賞を受賞したメニューの一品で、大会後に学校給食の情報ポータルサイト「給食ひろば」の担当者から応募の打診を受け、「そんなすごいコンテストに」と不安もあったが、意を決して挑戦した。

 英訳されたレシピを見た阿部さんは「自分は何にもしてないんですけどね」と謙遜。それでも食に対する思いは強く、「生きた教材として活用されるように、魅力ある、心に残るような給食づくりに励みたい」と力を込める。 

このエントリーをはてなブックマークに追加