不登校やひきこもりに苦しむ子どもの支援に取り組む長崎市の古豊慶彦さん(31)が22日、神埼市中央公民館で講演した。不登校を考える長崎市の親の会「たんぽぽ」の代表で、母親の古豊史子代表(59)も登壇。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加