佐賀ドリームライオンズクラブの塚本三男会長(右)から浄財を受け取る利用者の松本愛さん(左から2人目)

 佐賀ドリームライオンズクラブ(塚本三男会長、19人)は23日、佐賀市の佐賀整肢学園こども発達医療センター(窪田秀明センター長)に、今月行ったクラブ結成15周年のチャリティーゴルフ大会の益金を寄贈した。

 同センターで贈呈式があり、利用者を代表して松本愛さんが塚本会長から浄財を受け取った。利用者が楽しむ野球に似たスポーツ「ティーボール」のボールやバットなどの購入費に充てるという。

 同クラブは、2011年から贈呈を行い、今年で4回目。塚本会長は「これからも継続し、支援したい」と意欲的に話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加