小城市消防団牛津第1分団第1部 久本泰輔さん

 以前は消防団といっても、どんな活動をしているのか全然知らなかったですね。消防士と区別もつかなかったくらいですから。市役所に入った2年前、職場に同じ地区の消防団の部長がいたこともあって入団しました。こんな活動もしていたのか、と初めて知ることばかりでしたね。

 2週間に1度、みんなで夜集まって、ポンプ車を走らせた後、ちゃんと放水できるか近くの川で点検します。毎回ですよ。ずっと昔、火災現場で、その時たまたま集まった団員が誰もポンプを扱えなかったことがあったそうです。誰が現場に行けるか分からない状況ですから、みんなが操作できるようにしようという配慮です。活動はすごく地味だけど、これがすごく大事。入団してみるとそれがよくわかります。

 地元には商店街もあることから、団員にはいろんな職業の人がいて、祭りをはじめ地域を盛り上げようと、核になって頑張っていることもわかりました。消防や防災だけでなく、いろんな形で地域を支えている。自分もそんな存在になれたらと思いますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加