22日に投開票された鹿島市長選で、新人候補を退けて3選を果たした樋口久俊氏(72)=音成=が23日、インタビューに応じた。樋口氏は、新たな工業団地の造成や愛郷心を育む教育の充実を推進する方針を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加