職員から花束を受け取る松本茂幸市長=神埼市役所

 任期満了に伴う神埼市長選で、4選した松本茂幸市長(67)が23日、初登庁した。職員に「みんなで同じ方向を向いていきたい。私も100点ではない。知識や知恵、指導を受けて、共にいいまちをつくっていきたい」と訓示した。

 松本市長は午前8時20分ごろ、市役所本庁の玄関前で約230人の職員に拍手で迎えられた。何度も頭を下げながら一歩ずつ足を進めた松本市長は、職員から花束を受け取ると「本当にありがとう」と改めて感謝を口にした。

 その後の就任式で、松本市長は「選挙を通じて学び、感じることがあった。皆さんから提案や意見を言ってもらい議論をしてきたい。新たな気持ちで臨む」と抱負を述べた。職員を代表して、田中信博副市長が「市政のトップとして導いていってほしい」とあいさつした。

このエントリーをはてなブックマークに追加