男子ダブルス決勝 優勝した唐津南の山野邉洋輝(左)・渡邉悠基組=佐賀市の旭学園体育館

 国体選手選考会を兼ねた第30回県高校バドミントン春季大会は22日、佐賀市の旭学園体育館で男女のダブルスがあった。唐津南勢同士の対戦となった男子決勝は渡邉悠基・山野邉洋輝組が青木雄宥雅・壇優太組を2-0で下し頂点に立った。

 女子は昨年準優勝で姉妹の江里口梨奈・江里口玲奈組(多久)が井上鈴華・芳賀愛美組(佐賀女子)を2-0で破って優勝した。

 【男子】準々決勝 青木・壇(唐津南)2-1藤瀬・糸山(佐賀工)、中村・東(唐津南)2-0諸岡・今里(武雄)、野崎・宗(唐津南)2-0廣重・山口(小城)、渡邉・山野邉(唐津南)2-0宮崎・金子(武雄)▽準決勝 青木・壇2-1中村・東、渡邉・山野邉2-0野崎・宗

 ▽決勝

渡邉悠基 2{21-16}0 青木雄宥雅

山野邉洋輝  21-15   壇 優太

          

 【女子】準々決勝 井上・芳賀(佐賀女子)2-0伊藤・中島(佐賀東)、福島・田中(多久)2-0大津留・濱田(佐賀女子)、井本・村岡(同)2-0寺田・伊藤(多久)、江里口梨・江里口玲(同)2-0入江・杉原(佐賀女子)▽準決勝 井上・芳賀2-1福島・田中、江里口梨・江里口玲2-0井本・村岡

 ▽決勝

江里口梨奈 2{21-16}0 井上鈴華

江里口玲奈   21-15   芳賀愛美

このエントリーをはてなブックマークに追加