準決勝・佐賀大-エフトブルスFC 前半、ドリブルで攻め込む佐賀大のFW林慎太郎(左)=佐賀市の県総合運動場球技場

 天皇杯全日本選手権の県予選を兼ねた第23回佐賀県サッカー選手権大会(県サッカー協会主催、佐賀新聞社・共同通信社・NHK佐賀放送局共催)は22日、佐賀市の県総合運動場球技場で準決勝があり、佐賀大と佐賀LIXILが決勝に進んだ。

 佐賀大は4-3でエフトブルスFCに逆転勝ちした。3点を追う後半、MF平形武丸の2得点など一気の攻勢で試合をひっくり返した。

 佐賀LIXILはALL佐賀大に4-0で快勝した。前半24分からの5分間で3点を挙げ、後半にも1点を加えた。

 最終日は5月13日午後1時7分から、鹿島市陸上競技場で決勝がある。

 

 ▽準決勝

佐賀大 4 0-3 3 エフトブルスFC

      4-0  

▽得点者【佐】平形2、高口、山下【エ】鶴田、前岡、上野

佐賀LIXIL 4 3-0 0 ALL佐賀大

          1-0  

▽得点者【佐】坂本浩、三宅2、時田

このエントリーをはてなブックマークに追加