佐賀県トラック協会青年部会の創立30周年記念の式典=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 佐賀県トラック協会青年部会(宮原章彦会長、34人)の創立30周年記念式典が20日、佐賀市で開かれた。会員やOBなど約100人が、これまでの歩みを振り返りながら、会員の結束と運送業界のさらなる発展を誓った。

 同部会は県トラック協会の若手経営者や後継者を中心に構成。約30年にわたり、社会貢献活動や交通安全キャンペーン、トラック業界の広報活動を担ってきた。

 式典では11代目会長の宮原氏が「未来を見据え、大きな志を持って進んでいきたい」とあいさつし、来賓の県トラック協会の馬渡雅敏会長は「ドライバーが健康で幸せに過ごし、たくさんの人が業界に入ってくるように願っている」と期待を寄せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加