佐賀市観光親善大使に就任し、秀島敏行市長に名刺を手渡す中村葉月さん(右)=佐賀市役所

 佐賀市観光親善大使に新たに加わった福岡女子大3年の中村葉月さん(20)と、昨年8月から大使を務めている福岡大4年の新郷桃子さん(21)が20日、秀島敏行市長を訪ね、中村さんは「明治維新150年の大切な年でもあり、佐賀の知名度アップに貢献したい」と抱負を述べた。

 2人はともに佐賀市出身で、現在も市内から通学している。秀島市長は「われわれは当たり前と思っていたが、外からは暮らしやすさを評価されている」と語り、中村さんも「佐賀はゆったりとしていて、人の優しさを感じる土地。佐賀の隠れた魅力を、日本、全国、世界にPRしていきたい」と応じていた。

 今後は、5月3日の「博多どんたく港まつり」を皮切りに、九州各地のイベントに出演する予定。すでに、フェイスブックを通じた情報発信も始めている。2人の任期は2020年3月末まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加