18歳で警察官になった。その後のキャリアのうち約25年間は刑事畑で、刑事部主席参事官や組織犯罪対策課長などを歴任。被害者やその家族と接した経験から「心に寄り添う一番の方法は事件事故の解決」と話す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加