県内の生産者が出品した切り花をチェックする審査員=唐津市の唐津花市場

 県内の花生産者が栽培技術を競う「第52回佐賀県花き園芸共進会」(県、JAグループ佐賀園芸特産振興協議会、県花き生産団体連合会主催)が20日、唐津市の唐津花市場で開かれ、一般草花部門に出品した武富政敏さん(江北町)のトルコギキョウが最優秀賞の農林水産大臣賞に輝いた。

 キク、バラ、カーネーション、一般草花の4部門に108点が出品され、県職員や市場関係者らが花の色や形のそろい具合、茎の硬さなどを審査した。

 部門別はバラが島俊哉さん(佐賀市、生産局長賞)、カーネーションが平田憲市郎さん(唐津市、九州農政局長賞)、キクは千喜田直也さん(唐津市、佐賀県議会議長賞)が最優秀賞に選ばれた。

 入賞した花は21、22の両日、佐賀市城内の県立図書館で展示される。他の入賞者は次の通り(敬称略)。

 ▷優秀賞 川添亀利(唐津市、アルストロメリア)武富政敏(江北町、トルコギキョウ)山口広志(太良町、バラ)小柳公彦(鹿島市、ユリ)

 ▷優等賞 山口豊喜(佐賀市、カーネーション)溝上宏樹(白石町、キク)鳥巣裕樹(唐津市、アルストロメリア)伊藤文一(唐津市、カーネーション)野田淳一(佐賀市、ヒマワリ)

このエントリーをはてなブックマークに追加