ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会を巡り、組織委員会が20日に発表した公認キャンプ地に、佐賀県総合運動場陸上競技場がある佐賀市を候補地として応募していた佐賀県は選ばれなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加