佐賀市では今年最高の29度を記録。日傘を差して歩く女性の姿が見られた=20日午後3時半ごろ、佐賀市城内の幕末維新記念館前

 全国的に高気圧に覆われた影響で、佐賀県内は20日、気温が上がり、汗ばむ陽気となった。佐賀市と嬉野市では平年より7~8度高い29度、白石町でも28・3度を観測し、今年の最高気温を更新した。

 佐賀市内では、日傘を差したり、上着を脱いで歩く姿が見られ、筑後市から観光に来たという女性(33)は「散策していると汗が出てきた。半袖にすればよかった」と季節外れの暑さに驚いていた。

 佐賀地方気象台によると、県内では週末にかけても高温が続く見込み。「まだ暑さに体が慣れていないので、外出の際は熱中症に気をつけてほしい」と呼びかけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加