旧脊振村の3代目村長を務め、「造林の父」と呼ばれる徳川権七氏(1855~1924年)の旧家(神埼市脊振町広滝)を保存・活用しようと、市民を中心につくる「徳川権七翁の旧宅を保存する会」(大島三治代表)…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加