杓子ヶ峰

 鳥栖市北西部にある杓子ヶ峰(しゃくしがみね)(標高247メートル)は小中学校時代のお別れ遠足で毎年のように登った。すり鉢状の草原は子どもの目で大変広く感じていた。

 草スキー場としても有名であった。古墳も数カ所ある。現在の学校は行かないらしい。

 7年前、地元のライオンズクラブ主催で桜の植樹祭が杓子ヶ峰であり参加した。私に割り当てられた場所は神社の南側で斜面に苦労して植え、名札をつけた。昔より狭く感じた。良い天気に恵まれ東方向遠方に大分県の由布岳が見えた。80キロくらいの距離があるというから感激した。

 先日、私の桜を見るために久しぶりに登った。幹の周りが10センチ程度に成長し、たくさんの花をつけていた。2本植えたが2本目は分からなくなっていた。数年後の桜に期待している。

(絵・文=水田哲夫・鳥栖市本町)

このエントリーをはてなブックマークに追加