赤と白の手旗で車を誘導する技術を確認する参加者=上峰町役場南側駐車場

 三養基郡みやき町の警備会社ダイシンガードは15日、同郡上峰町役場南側駐車場で技術研修会を開いた。社員ら23人が基本動作を確認し、交通誘導の技術に磨きをかけた。

 道路工事現場などの安全性を高めようと年1回実施。参加者は駆け足や回り右など基本的な動作のほか、赤と白の手旗を使って車を止めたり、走らせたりする動作などを確認。模擬コースを使って実際に車やバイクを誘導し、技術力を向上させた。

 同社の大坪良哲会長は「現場では『慣れ』が一番危ない。反復練習することで基本を思い出し、現場の安全確保につながれば」と期待した。

このエントリーをはてなブックマークに追加