カンフーともに礼儀も学んでいる子どもたち

 直接体験を通して健全な青少年を育もうと、江北町が地元の方々の協力を得て「子ども体験教室」を始めて4月で15年になります。

 2016年度から始まったカンフー教室もその一つ。指導者の山崎志賀子さんは、もともと太極拳の経験があり、子どもたちにカンフーを教えるため福岡に勉強に行かれたそうです。けがをしないよう準備運動をしっかりすること、礼儀、時間を守るなど、丁寧に指導されています。

 子どもたちは、カンフーの基礎的な動き、型を練習中です。兄弟で参加している伊崎清斗くん(小学5年)と隆王くん(3年)は「カンフーは楽しい。もっと練習を続けます」と話してくれました。(地域レポーター・武富由美=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加