九州新幹線長崎ルートの整備方式を巡り、18日の与党検討委員会終了後、取材に応じたJR九州の青柳俊彦社長の発言は次の通り。 -JR九州の全線フル規格の主張に対し、委員からは「重い意向」との声が上がった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加