元気いっぱいに作業を楽しんだ子どもたち=佐賀市鍋島5丁目

 佐賀市鍋島5丁目の子どもクラブが手掛けている「鍋五こども農園」でこのほど、タマネギの収穫作業があった。昨年10月に定植した株を引っこ抜いての作業の成果は約20キロ。子どもたちは笑顔いっぱいだった。

 農園は昨年4月に地区の農家の畑を借り受け、地区長生会の指導で整地から農作物の定植、除草、収穫までの作業を行い、農業についての関心を高め、生産者への感謝の気持ちを養っている。

 子どもたちは力をこめてタマネギの株を引き抜き、土の中から“大物”が出てくると、満面に笑みを浮かべた。タマネギは家庭に持ち帰り、収穫の喜びを味わった。

このエントリーをはてなブックマークに追加