佐賀市の放送大学佐賀学習センターは、今年で開設20年を迎える。記念の公開講演会が6月2日午後2時、佐賀市のグランデはがくれであり、來生新(きすぎしん)学長や佐賀大講師が登壇する。

 來生学長は「日本人と海~日本は真の海洋国家足りうるか~」と題し、日本人と海の歴史や現在の法制度をひもとく。佐賀大地域学歴史文化研究センター講師の三ツ松誠さんは、明治維新150年にちなみ「志士たちの学習法」を話す。

 センターは1998年6月12日に開設、衛星放送やインターネットで生涯学習の場を提供してきた。これまで教養学部で591人の卒業生を輩出、昨年度も549人が在学した。

 講演会は定員150人。一般参加も無料。参加申し込みや問い合わせは同センター、電話0952(22)3308へ。 

このエントリーをはてなブックマークに追加