山岳競技クライミングの国体県予選は15日、多久市の多久高でリードとボルダリングがあった。少年男子の靏本直生(多久高)、同女子の樋口結花(同)がそれぞれ両部門を制し、総合優勝を飾った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加