市民は新しい風を望んだ。5選を目指す現職と新人2人が争った伊万里市長選は15日、市政の刷新を訴えた新人の深浦弘信さん(62)が制した。託された仕事は人口減少対策や市街地の活性化など難題ばかり。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加