15日告示された鹿島市長選は、現職と新人の一騎打ちの構図で選挙戦の火ぶたを切った。地域の活性化や暮らしの充実にどう取り組むか、両候補は出陣式で市政に臨む思いや将来像を熱く訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加