佐賀整肢学園の救護施設「かんざき日の隈寮」(江里口忠雄施設長)で14日、春まつりがあった。入寮者76人を含む約190人が、踊りや歌、にわかなどさまざまな出し物を通して交流した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加