旧優生保護法(1948~96年)下で障害などを理由に不妊手術が繰り返された問題で、佐賀新聞社は14日までに、佐賀県衛生保健年報などに記録されている数字を集計した。県内で不妊手術を強いられた件数は少なくとも86件に上り、49年から82年にかけて実施されていた。