いじめや虐待、性犯罪などの被害を受けた少年を支える「被害少年サポーター」の委嘱式が11日、多久市の旧南溪分校跡わだちであり、出席した7人が引き締まった表情で委嘱状を受けとった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加