佐賀市の国道264号で10日、追突事故などの未然防止を呼び掛ける「セーフティーライン作戦」が実施された。県警と県の職員約150人が歩道上からハンドポップを掲げ、ドライバーに安全運転を訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加