有田焼創業400年を終えた町の活性化は、新人の若さや行動力に託された。西松浦郡有田町長選は8日、「新しい風を」と訴えた松尾佳昭氏(44)が現職に競り勝った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加