明治期に県内最大の採炭量を誇った芳谷炭坑を巡る探訪会が7日、唐津市北波多であった。炭坑口など遺構を歩き、明治の時代に思いをはせた。 探訪会には約40人が参加し、地元ガイドが案内した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加