市役所や市民会館の建て替えなど大型のハード事業を控え、都市整備部長から副市長に起用された。地域の実情を知る生え抜きの副市長として、県庁出身の柴田哲(あきら)副市長とともに峰市政を支える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加