「筆一本、針一本で生きてきた」と話す佐賀市川副町出身の日本画家・内田広己ひろみさん(68)と妻で仕立て師のみち子さん(67)=京都府在住=の作品展が始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加