古代から「末廬(まつら)」「松浦」と呼ばれ、大陸と地理的に最も近い唐津では平安時代中期頃には松浦党がいわゆる「倭寇」として海を舞台に活躍していたといわれます。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加