佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に関し、防衛省は2017年度未執行の予算30億円を繰り越すなどし、18年度に30億3千万円を確保したことが2日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加