有田町幸平の桂雲寺は8日、寺で開く花まつりに合わせ、江戸時代のかごの一種「乗物(のりもの)」を公開する。寺で保管していたもので、葬儀や法事の際に住職を送り迎えするために使ったと伝わる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加