佐賀県防災会議(会長・山口祥義知事)は29日、原発事故時に早期に意思決定や情報共有を行うため、知事をトップとする災害対策本部の設置時期を前倒しするなどの修正をした「県地域防災計画」を承認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加